Sample Business Hotel

マッサージが不要な体にしたい!疲れしらずの体に

マッサージを受ける場合は、身体に不調があるということが多いです。しかし、世の中には、マッサージがいらない体である人もいます。疲れしらずの身体なのです。では、どのようにすれば、疲れしらずのマッサージがいらない体になることが出来るのでしょうか。

まず、食事に対して注意をする必要があります。マグネシウムを多く含む食品を意識して摂取するようにしましょう。マグネシウムが不足すると、疲れがたまりやすくなるのです。しかし、マグネシウムは自分の身体の中でつくることが出来ないので、外から摂取する必要があります。マグネシウムを多く含んでいる食品は、昆布、ひじき、のりなどの海藻類、ごま、アーモンドなどです。

また、甘いモノを取り過ぎないようにすることも大切です。甘いモノをたくさん摂取すると、疲れがたまりやすくなるのです。血糖値の上下が激しくなるため、身体が最終的には疲れてしまいます。

マッサージがいらない体にするためには、一日3食、とることが大切です。朝食はつい抜いてしまいがちですが、きちんと食べるようにしましょう。栄養の補給や新陳代謝のためにとても大切なことであり、また、疲れしらずの身体をつくるために必要なことです。 外食をする時は単品のものを選ばず、セットメニューを選ぶようにしましょう。丼などの単品メニューではなく、味噌汁やスープ、サラダ、ご飯、メインのおかずが揃ったセットメニューの方が栄養バランスが良いため、疲れもとることができやすいです。

疲労回復のためにはビタミンB1がとても重要になってきます。ごはんなどの炭水化物を、エネルギーに変えてくれる働きがあるのです。ビタミンB1をたくさん含んでいる食べ物は豚肉です。意識して食べるようにしましょう。

食事以外でマッサージがいらない体にするためには、運動もとても大切になってきます。30分程度のウォーキングを行うようにしましょう。身体の血行もよくなりますし、ストレス発散にもなります。デスクワークをしている場合は、ストレッチをこまめに行うようにすることが大切です。首や肩にコリを感じたら、肩をあげて10秒間キープして下へ肩を落とすというストレッチを繰り返します。筋肉が疲れてしまうことを防ぐことが出来ます。

その他、水分補給をこまめにすることもとても大切になってきます。脱水症状になると、疲れがたまりやすくなってしまうのです。のどが渇いたと感じた時には既に脱水状態になっていることが多いので、こまめに水分補給をするようにしましょう。

また、睡眠もとても大切です。睡眠不足になると、疲れはたまりやすくなってしまいます。時間もですが、良質な睡眠をとるようにしましょう。そのためには、部屋を静かにしたり暗くしたりして眠りやすい環境を整えることが大切です。夜、十分な睡眠時間がとれない場合は、起床してから8時間以内に15分から20分程度の仮眠をとることも、とてもよいです。

注目サイト

年賀状の写真選びのコツ
富士カラーが教えてくれる写真選びのコツは必見

↑ PAGE TOP